Home > 施工事例戸建住宅(50音順)調布MZ邸

調布MZ邸 -庭を内部に取り込んだ家-

MZH_WEB01.jpg
構造現わしの内部とは対照的なコンパクトでキュービックな外観
 
建設地 東京都調布市
家族構成 ご夫婦+子供1人
構造/階数 木造在来工法地下1階地上2階建
敷地面積 約104m2 (32坪)
用途地域 第一種低層住居専用地域
建蔽率/容積率 40%/80%
建築面積 約42m2(13坪)
延床面積 約107m2(32坪)(地下ガレージを含む)
設備 電気、給排水、ガス、空調、床暖房、TV、電話、インターホン
設計・監理 植本計画デザイン
植本俊介・唐崎 圭
構造設計 SIGLO建築構造事務所
山口吉紀
設備設計

五十嵐設備設計

五十嵐隆一

施工

山康工務店

竣工 2003年10月
 

 小さいけれど、視線や意識が伸びやかに広がっていくことを意図した住宅です。コンパクトでキュービックな外観。中は構造あらわしで開放的なインテリアとしています。

 クライアントは年配のご夫婦と稼ぎ頭の息子さんの3人家族。将来的にはご夫婦だけでお住まいになることも視野に入れ、小さくてものびのび出来る住まいをご希望されました。

 建蔽率40%の土地なので、104m2の敷地に対して40m2(12坪)強の建築面積しか建ちません。そこで、庭をできるだけ確保し、内部空間の延長として取り込んでゆくことにしました。

  
MZH_WEB02.jpg
庭から見るL字型の建物。テラスと内部が一体化。
 
MZH_WEB03.jpg
リビングから庭を見る。庭には木が植えられる予定。
 
 

 建物の配置は、庭との一体化をはかるため、L字型の配置としています。建蔽率40%を使い切っていますが、それでも十分な広さとは言えないため、テラスを庭側に張り出し、テラスが内部の延長のように感じられるようにしました。屋根やバルコニーは1mの跳ね出しまでは建築面積から除外されるため、とにかく許されるぎりぎりの幅まで張り出しています。さらに、2階寝室部分の手摺りをバルコニーの手摺りと連続させることにより、外部へと広がっていく意識をより強調しました。

 

 道路と敷地との段差が1.5m位しかなかったため、地下車庫部分は道路よりもレベルを下げています。地下車庫は作業スペースとしての利用も想定しています。

 構造あらわしとしているのは、北側斜線により全体の高さが押さえられるため、少しでも圧迫感を軽減するためもあります。特に2階は天井が低く、庭に対して梁が上っているため、庭に対する開放感を強調する効果も生みだしています。

 

◆構造

 構造は木造在来工法です。梁は等ピッチの登り梁とし、構造の単純化を図ると同時に、規則的な架構によりリズムと方向性を生み出しています。構造的強度を高めるため、壁のかなりの部分には筋違をたすき掛けに入れ、壁は大壁としていますが、せっかくの無垢の柱を全て隠してしまうのはもったいないので、庭側だけはあらわしにしました。木造在来工法では大きな開口や吹抜を取ることは難しいですが、L字の平面計画とすることにより、開口の確保と壁の配置とのバランスが図られています。小屋組をせず屋根を登り梁として、屋根や2階の床を固めることで、建物全体がねじれることを防いでいます。

 

◆材料・・・主要部分は国産材

 木は気候風土にあったその土地の木を使う方が良いですが、予算の関係上、様々な産地、メーカーが供給する材料の寄せ集めとなりました。残念ながら、産直材より輸入材使う方が安いのが現実です。ただ、耐水性、耐候性が必要とされる主要な部分だけは国産材にしました。

 構造材は柱・梁は宮崎産の杉、土台は熊本産の桧を使用。九州材を使ったのは、価格と品質のバランスが取れていたからです。乾燥状態も良く、品質管理も行き届いており、プレカットも柔軟性があって、こちらの要望に応えられる体制が出来ているというのがポイントでした。

 全て針葉樹を使ったせいでしょうか、各地から寄せ集められた木は意外なほど違和感がなく、あるべきところに納まっているように見えたのは、やはり木という材料がもつ包容力のせいなのでしょうか。

 
MZH_WEB04.jpg
1階の天井もあらわしとなっている。 構造は飫肥赤杉、床はパイン材、天井はSPF材。建具はヒノキ。
 
MZH_WEB05.jpg
吹抜部分に開けられたグラフィッカルな開口。屋根と壁を連続させることで強度を確保。
 
MZH_WEB06.jpg
寝室から2階バルコニーと廊下を見る。
 
MZH_WEB07.jpg
寝室の収納と窓。収納は白くして壁と同化させている。
 
MZH_WEB08.jpg   MZH_WEB09.jpg

上下に間接光を仕込んだメディシンキャビネット

庭に面する浴室。天井は能登ヒバ材(木童)
  
 
 
  図面はこちら(PDF)    
 
 
 
 
      ←戸建住宅施工事例へ戻る