Home > 施工事例戸建住宅(50音順)柏HM邸

柏HM邸 -四角い黒の家-

HMH_WEB01.jpg
引き締まった黒の焼杉板が印象的な南側(庭側)外観
  
建設地 千葉県柏市
家族構成 ご夫婦+子供1人
構造/階数 木造在来工法2階建
敷地面積 約190m2 ( 57坪)
用途地域 第一種低層住居専用地域
建蔽率/容積率 50%/100%
建築面積 約66m2 (20坪)
延床面積 約102m2 (31坪)
設備 電気、給排水、ガス、空調、TV、電話、インターホン
設計・監理 植本計画デザイン
植本俊介・後藤智揮
構造設計 SIGLO建築構造事務所
山口吉紀
施工

小川共立建設

合田邦雄・合田太郎

竣工 2011年5月
本体工事費
備考 「木のいえ整備促進事業」(長期優良住宅)助成建物
 

 ローコストで、ぜい肉をそぎ落としたシンプルな住宅です。 コストのことも考え四角い家としましたが、単なる四角い家ではなく、南面の庭や西側の公園の緑を意識し、2階にはちょっと変わったテラスを設けました。

 
 仕上も壁は左官下地のまま、天井も構造用合板あらわしなど、削るところは思い切って削る一方、構造材は天然乾燥材、床も無垢板を使用するなどメリハリをつけています。
 
 
HMH_WEB02.jpg
タタミスペースからダイニング、リビングを見る。全ての部屋は庭に面している。
 
HMH_WEB03.jpg
家の中心にあるダイニング&キッチン。奥はリビングルーム
 
HMH_WEB06.jpg
高くなった天井の下には緑を取り込むハイサイドライト。天井は構造用合板あらわし
 
 敷地の広さを生かし、建物を敷地北側に寄せ、南面には広い庭を確保。1階も2階も全てのスペースが庭に隣接します。もうひとつの特徴は、キッチン&ダイニングを家の中心に持ってきたこと。食は家の中心であり、生活の中心。リビングよりもキッチンないしはダイニングにいる時間の方が長いのではないかと思い、キッチン&ダイニングを空間の中心に据えました。
 
 ダイニングを挟んで東側に畳スペース、西側には天井が少しだけ高くなったリビングを配置。ダイニングの北側に隣接するキッチンからは、庭だけでなく、1階の全ての空間が見渡せます。キッチンは玄関〜キッチン〜洗面〜浴室と一直線につながる水回り動線の中心に位置し、機能的にも家の中心となっています。
 

 2階には西側の隣接する公園の緑を楽しめるよう、一段高くしたテラスを設けました。一段高くなっただけでも、ちょっぴり非日常的な感じが味わえます。下のリビングの天井を高くして空間の高さに変化をつけたいという意図もあります。“広間”が間口いっぱいにテラスとつながり、一方でお籠もりスペースの“書斎”が横長の窓を通して奥ゆかしく接しています。広間は入口を2つ設けてあり、将来的には2つに区切って使うことも可能です。将来的な家族の変遷に伴って、広間と書斎を使い分けていくことを想定しています。若いご家族の家としては、ライフサイクルの変化に適合できることも家の重要な要件です。

 

 なお、ローコスト住宅であっても、長期優良住宅仕様(耐震等級3、劣化対策等級3、省エネルギー対策等級4等)とし、「木のいえ整備促進事業」の補助金を受けるなど、構法・性能的にも妥協しない仕様となっています。。

 
  
HMH_WEB05.jpg
リビングの天井だけが一段高くなっている。壁はあえて左官下地のままとしたもの。
 
HMH_WEB04.jpg
光がスリット状に射し込む目透かし貼りの雨戸。床は耳川杉(宮崎産)
 
HMH_WEB07.jpg   HMH_WEB08.jpg
キッチンから洗面・浴室へ一直線につながっている。 逆側は玄関&トイレ。水回りは全て北側に集約
 
HMH_WEB09.jpg HMH_WEB10.jpg
洗面から能登ヒバ羽目板貼りの浴室を見る。 階段を見下ろした先にある小さな照明
 
HMH_WEB11.jpg HMH_WEB12.jpg
階段・廊下から広間を見る。入口は2つ設けている。 書斎はお籠もりスペース。壁はPB下地のまま
 
HMH_WEB13.jpg HMH_WEB14.jpg
テラスとつながる2階の広間。将来的には区切ることも想定

一段高くなっている2階テラス。いずれデッキが敷かれる予定。
 
HMH_WEB15.jpg HMH_WEB16.jpg
本数分のレールがある雨戸は全て戸袋に収納される。雨戸は塗装を施す予定。
 
HMH_WEB17.jpg
スクエアな印象の南側(庭側)外観
 
HMH_WEB18.jpg
北側(アプローチ側)の外観。左が玄関。
 
 
btn01.jpg   現場レポートはこちら  
 
 
お問い合わせ
 
 
      ←戸建住宅施工事例へ戻る