Home > 施工事例戸建住宅(50音順)町田TN邸

町田TN邸 -人、車、自然が共存する混構造の家-

TNH_WEB01.jpg
ガルバリウムスパンドレルでくるまれた外観。RC部分は外断熱。木造部分は外断熱と充填断熱の併用
  
建設地 東京都町田市
家族構成 ご夫婦
構造/階数 木造在来工法2階建
敷地面積 約180m2 (55坪)
用途地域 第一種低層住居専用地域
延床面積 約106m2(32坪)
設備 電気、給排水、ガス、空調、床暖房、TV、電話、インターホン
設計・監理 植本計画デザイン
植本俊介
構造設計 SIGLO建築構造事務所
山口吉紀
設備設計 五十嵐設備設計
五十嵐隆一
施工

日科建築

高田 學

竣工 2004年9月
本体工事費
 

 クライアントのTさんは大の車好き。ご自身の車やバイクをギャラリーのようにかざれるスペースを望まれていました。一方、住まいとしてはワンルームのように広々として暖かみのある木の家を望まれていました。

 
 敷地は町田市郊外の閑静な住宅地。南、北両面に接道する恵まれた敷地ですが、蝶ネクタイのように中央がくびれている変形敷地のため、配置的には難しい敷地です。リビングとガレージをくっつけつつ、騒音源になるガレージは隣家から離す。庭もある程度は作りたい。デザイン的にもカーギャラリーと木の空間。一見相反する要素をうまく取り込まなくてはなりませんでした。
 
 
TNH_WEB02.jpg
北東側の外観
 
TNH_WEB03.jpg
リビングから透けた階段越しにガレージを見る。RC、木、スチールの組み合わせ。
 
 配置的には、変形敷地の特徴と間口の広さを生かすことを第一にし、敷地の広い部分にはリビング、ガレージ、水回り、寝室などの生活の主要部分、中央のくびれた部分は玄関と中庭、小さい方には中庭を挟んで離れ的な性格をもたせた和室と納戸を配置しました。
 
 車は本来家の中に飾るものではありません。ましてや木の空間に取り込んでしまうと、せっかくの木の空間が車の存在感に負けてしまう可能性があります。リビングとガレージの間も透過性を持たせたいし、家全体もオープンな作りとしたい。本来RCや鉄骨造がふさわしい与条件を木の空間、しかも限られたコストで実現するのは難しいことです。空間の開放性を確保しつつ、車の存在感に負けない骨太の空間とするため、木の門型ラーメン構造を主体とし、一部RC造と在来工法も併用し、3つの構造が合わさった混構造としました。
 

 ガレージは、屋根を全面トップライトとし、内装もガルバリウム鋼板とし、内部と外部の中間的な空間としての性格を持たせています。家の内部は集成材と無垢材の羽目板からなる木の空間としましたが、キッチンや水回りは防火、防湿の面でメリットのあるRC打放しとしました。階段はスチールと木との組み合わせ。ガレージはガラスと木とスチールとコンクリートの組み合わせ。構造的にも素材的にも異なる要素の組み合わせとしました。

 

  
TNH_WEB04.jpg
ダイニングからガレージ。透けた階段を裏側から見たところ。
 
TNH_WEB06.jpg TNH_WEB05.jpg
水回り1階部分のみRC造としている。 玄関を開けると中庭がある。
 
TNH_WEB07.jpg
玄関正面の中庭はルーバーで視覚的に遮られている。
 
TNH_WEB08.jpg
リビングから玄関土間、中庭、和室方向を見る。
 
TNH_WEB09.jpg   TNH_WEB10.jpg
2階よりリビングの見下ろし。全面木のインテリア 水回り部分はコンクリートにタイル貼り
  
 
 
 
 
      ←戸建住宅施工事例へ戻る