Home > 施工事例リフォーム(リノベーション)飯田橋IS邸リフォーム

飯田橋IS邸 -無垢材を使ったマンションエコリフォーム-

ISRF_WEB01.jpg
垂れ壁と間仕切りを外した開放的なリビングダイニング。壁は紙張り(ルナファーザー)に塗装
  
建設地 東京都新宿区
用途 分譲マンション(1LDK)
家族構成 単身
構造/階数 鉄筋コンクリート造11階建の11階
増改築面積 約40m2(12坪)
設備 電気、給排水、空調、TV、電話、インターホン
設計・監理

植本計画デザイン

植本俊介・後藤智揮

施工

友伸建設

五味敬之

竣工 2012年8月
 
ISRF_WEB02.jpg
 

 約40㎡ほどのマンションの一室(1LDK)のリフォームです。クライアントのお父様が所有される物件ですが、設備や仕上の老朽化が目立っていたため、ご兄弟間の住み替えを契機として、リフォームすることになりました。

 

 リフォーム前の間取りはリビングダイニングに和室が付属した典型的な1LDKのプラン。リフォームに当たっては、和室を洋室に変え、垂れ壁もなくしてスッキリさせ、仕上も極力自然素材に変えることになりました。水回りの移動はコストがかさむので、トイレ、洗面、浴室は位置は変えず、機能更新のみとしましたが、壁付けで使い勝手が悪かったキッチンは、若干位置を移動して対面型のオープンキッチンに変えました。

 

 最上階で夏は暑くなるため、天井は既存の下地を利用しつつ、断熱材を追加。配管も老朽化していたため、全面的に交換しました。

 

 仕上は、床材はクリ、枠はカラマツ、建具の一部はスギを使っています。全て国産の無垢材です。壁は紙張り(ルナファーザー)の上に塗装仕上げです。

 

 家具類もキッチンは使い勝手とコストを考え、既製品としましたが、ローボードや寝室家具は造作家具とし、他の仕上との調和を図っています。

 

 間取りはほとんど変わっていませんが、やるべきことをやれば空間は変わる、ということを改めて実感したリフォームです。

リビングから振り返ってダイニングキッチンを見る。
 
ISRF_WEB03.jpg
壁面収納のある寝室。集成材の部分は可倒式のパソコンデスク
 
ISRF_WEB04.jpg   ISRF_WEB05.jpg
玄関入って正面は、杉無垢材を使用した下駄箱 玄関からリビングに入る扉も杉の框戸
 
ISRF_WEB06.jpg
ダイニングキッチンから玄関(左)、水回り(右)を見る。水回りの床はコルク貼り。枠材はカラマツ無垢材。
 
ISRF_WEB07.jpg ISRF_WEB08.jpg
床は無垢のクリ材(木童) Vレールも木を使用
 
 
  現場レポートはこちら  
 
 
 
お問い合わせ
 
 
      ←リフォーム施工事例へ戻る