Home > 建築コラム土地と建物の費用的バランス

title_column.jpg

土地と建物の費用的バランス

 

家を新築する場合、土地が必要です。土地がなくては建物は建ちません。

 

家を建てる場合、土地と建物の費用的なバランスはどれ位が適正だと思いますか?

 

まあ、地方であれば、土地代が圧倒的に安いので、広い土地でも土地代は1000万円程度、建物は3000万円以上かけられるというケースはざらにあります。

 

首都圏近郊であれば、土地代と建物費用は1対1ぐらいにはなるかもしれません。土地代が3000万円、建物も同じくらいという感じですね。もちろん、場所や広さによっては、もう少し安く、例えば、総額で4000〜5000万円に納めることも出来るでしょう。

 

問題は23区内あるいは都内の条件の良い場所に建てる場合です。時々御相談があるんですが、極端な例としては、以前、土地を6000万以上で取得してしまったので、建物その他に1500万円しかかけられませんが、なんとかなりませんか?という御相談がありました。土地対建物の比率が4対1ですから、もう少し考えてから土地を取得すればいいのになあと正直思いました。

 

ローコストで建築を成立させることは、不可能とはいいませんが、安ければ安いほど、裏技的な手法に寄らざるを得ませんし、希望のものが手に入る可能性は遠のきます。

 

土地を取得する前でしたら、これくらいのバランスにした方がいいというアドバイスは出来ても、土地の取得後に、建物にかけられる費用はこれしかありませんが、どうでしょうかと言われても、なかなか厳しいものがあります。

 

そういう無理無理な状況でも、不可能を可能にするメソッドが今の時代求められているようですが、それで、希望のものを手に入れようとするのは、あまりに虫が良すぎるのではないでしょうか。

 

建売住宅でも、もの凄く良い場所に、ローコスト仕様の住宅が建てられていて、それでも、売り出し価格7000万みたいな事例を見ると、東京っていうのは、本当にバランスの悪い街だなあと思います。

 

やはり、土地も大事ですが、建物も大事です。本当は、単なる地べたの値段よりも、上物の方に多くお金を掛けるべきだと思いますが、経験上のざっくりとした感覚で申し訳ありませんが、どんなに譲っても、土地対建物は2対1以内には納めるべきではないかと思っています。

 

どこに住むか、あるいは、どんな土地に住むかも、もう少し、柔軟に考えたらいかがでしょうか。また、いい土地を安く取得する方法というのも、なくはないのです。土地を探すのにもノウハウが必要なのです。ただ、そういうノウハウを提供しているところはごくわずかしかありませんし、ただで探してくれるわけでもありません。でも、場合によっては、土地探しが有償でもバランス良くお金がかけられるなら、その方が良くはありませんか?

 
 
 
btn_column.jpg