Home > 事務所案内

事務所案内

どんな事務所?

東京都武蔵野市で住宅・集合住宅を中心に手掛けている建築設計事務所です。通常の設計・監理業務だけでなく、街づくりや新しい体制の仕事にも積極的に取り組んでいます。 
 
モダンデザインの木の家を得意としています。木造を中心に鉄筋コンクリート造、鉄骨造、混構造、リフォームまで幅広く手掛けています。
 
実用性、耐久性、美しさのバランスが取れた長寿命の建物を作ります。在来工法でも構造計算を実施。省エネ住宅、長期優良住宅、性能表示にも対応しています。
 
「誰でもが手の届く家づくり」を実現するため、建築士ならではの「オリジナル規格型住宅」も用意しています!
 
〒180-0013

東京都武蔵野市西久保3-2-1

アルベルゴ武蔵野701

植本計画デザイン  植本俊介
一級建築士事務所  東京都知事登録 45476号
Mail : info@uemot.com

tel:0422-27-7150

事務所案内図は こちら
  どんな事務所?
 
仕事の方針 仕事の範囲 メンバー メディア紹介 展示 btn06a.jpg
 
 

仕事の方針

仕事の方針  

顔が見える人間関係を大事にし「ありのまま」の建物を作ります 

 今やあらゆる美辞麗句が企業のサイトを覆い尽くしています。しかし、現実は全く異なります。顧客の重要性を語りつつ、実は自分たちの利益のことしか考えていなかったりします。 多くの人はそれを知っています。

 私たちは、小さな組織のメリットを生かし、顔が見える人間関係を大事にしています。必要以上に自らを飾ることはしません。装飾やこけおどしではなく、「ありのまま」の建物を作りたいと考えています。

 

実用性×耐久性×美しさ=「トータルデザイン」を追求しています

高気密、高断熱、免震、太陽光発電、パッシブソーラー、エコ、スマートハウス、長期優良住宅等。今や建物をめぐる様々なキーワードが乱立しています。建物の性能を高めていくことは、もはや当たり前の条件です。しかし、それだけでは十分ではありません。建物が壊される理由の多くは、性能面もさることながら、使い勝手が悪い、心地よさがない、美的に愛着が持てないことも大きな理由です。

 個々の性能をただ足しただけでは良い建物にはなりません。重要なのは建物全体の質です。私たちはあくまで、実用性、耐久性、美しさが一体となったトータルデザインを追求しています。

 
 

人や環境から発想し、「長い目で見て変わらない価値」を追求しています

   建物は、他の多くのものとは異なって、環境の中に組み込まれ、長く使われてゆくものです。環境の中でまた生活のなかで建物がどうあるべきか、私たちは、建物主導ではなく、人や環境から発想した建物を考えています。
 
    新しい発想もすぐに古くなってしまうのでは意味がありません。時代に適応する新しさを持つことは当然ですが、あくまで、長い目で見て変わらない価値を追求してゆきたいと考えています。  
 

コミュニケーションやコラボレーションを重視しています

   クライアントの御要望を反映した提案をするのが建築家の役割ですが、言われたことを形にするだけなら建築家は不要です。直接的なご要望だけではなく、むしろ、潜在的な要求を掘り出し、専門家としていかに満足度の高い提案ができるか。そこにわざわざ設計を頼む価値があると考えます。   
 
 クライアントの個性に建築家の個性が出会い、それに作り手やその他の関係者も加わった時、真にオリジナリティーの高い仕事が生まれます。建築を音楽に例えれば、建築家は作曲家兼指揮者のようなもの。私たちは、コラボレーションの輪の中で、常に積極的な采配をふるってゆける存在でありたいと考えています。
 

コストパーフォーマンスの高い建物を作ります

 お金さえかければいい建物が出来るというわけではありません。しかし、いい建物を作るのには往々にしてお金がかかることも事実です。私たちは、安かろう、悪かろうという建物は造りません。絶対的な価格の安さも追求致しません。限られたお金でクライアントの希望を最大限に叶えたい。そのような、真の意味でコストパーフォーマンスの高い建物を目指しています。
 
 

仕事の範囲

建築の設計をベースに街の分野も守備範囲としています。個人が作り出す“作品”も魅力的ですが、それ以上に個々の営みが集積した“状態”に惹かれるものがあるからです。関係する要素が多くなればなるほど、物事を考えるスパンは長くなり、個人の思い通りにはいきませんが、それをむしろメリットに変えてゆく発想の転換が必要なのではないでしょうか。   
 
10年単位で物事を考える時代は終わりました。一過的に注目されても10年後には使いものにならなくなるものでは意味がありません。
 
「私たちは緻密にデザインされた花壇ではなく、苗床のような街や建築をつくりたいと考えています。」
 
作った段階では必要最小限の要素しかないけれど、個々の植物が育つにつれ多種多様な世界が広がってゆく、そんなイメージを持っています。
  仕事の範囲
 
Design  
建築物の設計・監理・・・・住宅、集合住宅を初めとする建築物全般にわたる設計・監理
サイトプランニング・・・・敷地の中における建築を含めた空間の配置計画
アーバンデザイン・・・・・街づくり計画および街区の設計
Research&Planning  
設計業務と平行して、主として都市計画分野における調査、計画業務を行っています。
コラボレーション  

フットワークの軽さを生かしつつ、個々の持ち味を出し合うことを目的として、協力体制のネットワークを作っています。今のような時代には、一枚岩の巨大な集団よりも個性ある人間の集合の方が力を発揮する場合も多いです。通常の構造、設備設計及び施工の協力体制に加え、都市計画、不動産、プロデュース、ファイナンシャルプランナー、ランドスケープ、照明デザイン、家具デザイン、サインデザインなどの人たちと適宜協力体制を作ることで質の高い成果を目指しています。

 
 

メンバー

代表:植本俊介
代表:植本俊介
 
◆履歴
1963年 東京生まれ
1986年 東京大学工学部建築学科卒業
1988年 東京大学大学院都市工学修士課程修了後、
  (株)曽根幸一・環境設計研究所に就職
1998年 独立。植本計画デザイン設立。現在に至る
 
◆資格
一級建築士  登録番号237924号
統括設計専攻建築士(1131001704)
CASBEE戸建評価員(戸-01326-12)
 
◆所属
東京建築士会 環境委員会 委員
NPO 木の建築フォーラム会員
プロトハウス登録建築家
SE構法登録建築家(SEASパートナー)
R+house登録建築家
プロフィールはこちら
 

協力企業

技術顧問 蔵工房建築事務所 木戸岩夫
プロデュース プラス・シー
プロトハウス
プロジェクト・インターナショナル・ジャパン
意匠設計 関裕之建築設計事務所
構造設計 稲山建築設計事務所
H&A構造研究所
蔵工房建築事務所
SIGLO建築構造事務所
平岡建築構造研究所
設備設計 ZO設計室
 

加入保険

建築士賠償責任保証制度(日本建築士会連合会)
 

受賞

第58回神奈川県建築コンクール住宅部門優秀賞 横須賀KW邸<海を望む大開口の家>
グッドデザイン賞2003年 幕張ベイタウンセントラルパーク(担当デザイナーとして)
   

メディア紹介

神栖TM邸 間取りのアイデア (2014年3月20日発行)成美堂出版
妙蓮寺OH邸リフォーム

MyHOME+(マイホームプラス)VOL31(2013年03月1日発行)エクスナレッジ

MyHOME+(マイホームプラス)VOL32(2013年06月1日発行)エクスナレッジ

スタイル別にわかるインテリアの基本(2013年05月30日発売)エクスナレッジ

ミセス2013年10月号(2013年9月6日)文化学園文化出版局

御徒町MK邸 素住ーSUSUーNo.16 (2013年1月19日発売)エフジー武蔵
日野MS邸 月刊ハウジング2012年2月号(2011年12月21日発売)リクルート
月刊ハウジング2013年11月号(2013年9月21日発売)リクルート
池上FJ邸

MyHOME+(マイホームプラス)VOL24(2011年04月21日発売)エクスナレッジ
MyHOME+(マイホームプラス)VOL26(2011年10月21日発売)エクスナレッジ
MyHOME+(マイホームプラス)VOL28(2012年04月21日発売)エクスナレッジ

理想の家をつくるアイデア353(2012年06月20日発売)エクスナレッジ

最高の間取りを手に入れる本(2012年10月05日発売)エクスナレッジ

126家族の間取り(2013年02月23日発行)エクスナレッジ
スタイル別にわかるインテリアの基本(2013年05月30日発売)エクスナレッジ

住まいのデザインセンスアップのコツ152(2013年07月02日発売)エクスナレッジ

逗子KD邸 月刊ハウジング2011年9月号(2011年7月21日発売)リクルート
日本テレビ系列“スッキリハウジング”(2011年2月17日放映)
世田谷HN邸 月刊ハウジング2012年6月号(2012年4月21日発売)リクルート
All About 住まい 建築家住宅の事例カタログ
本庄SB邸

チルチンびと2011年1月号(2010年12月5日発売)風土社

私たちのKAGURA STYLE 我が家の物語(2014年01月20日発行)家具蔵

MTUHAUS すまいと電化2010年2月号(2010年1月発売)日本工業出版
All About 連載:オール電化の住まい“長期投資”から考えるオール電化賃貸住宅
ふじみ野MK邸リフォーム GOODリフォーム2009年9月号(2009年7月発売)リクルート
中野IR邸 床暖房読本(2009年6月発売)風土社
家族と共に成長する家
(企画住宅プロジェクト)
一町一家運動の本<みんなで考える満足住宅の作り方>(2007年5月発売)
富士見UC邸 新建築住宅特集 2006年9月号(2006年8月発売)「富士見の家」
綱島FS邸 エイムック1156 1000万円台で建てる家(2006年2月発売)
すくすくと子供が育つ家づくりのルール66(2007年11月発売)
こすもす(東急不動産PR誌)No.177(2006年秋号)キッチンが掲載
町田TN邸 CarSenser EDGE(カーセンサー・エッジ)2011年7月号別冊(リクルート)
MSN不動産>SUUMO>男のロマンが叶った家
田園都市生活vol.17(エイ出版社)
辻堂YM邸 はじめて建てる「こだわり住宅」(講談社)
江東区TK邸 日経新聞社website住宅サーチ「こだわりのデザイナーズ住宅」
逗子KN邸 TV朝日「渡辺篤史の建もの探訪」  2002年1月12日放送
マンスリー・m 2002年1月号
Memo(男の部屋)2002年1月号
Memo別冊 106人の家づくり人(2002年1月発売)
STYLE HOUSE #04(2002年2月発売)
住まいの設計 2002年5月号
すてきな家づくり もっと広く住む工夫500の実例集(2002年3月発売)
はじめての家づくりBOOK No.22 小さくても住みよい家の大実例集(2002年4月発売)
エイムック515 建築家と建てる理想の家(2002年4月発売)
別冊すまいの設計 住まい100選(2003年8月発売)
TOSTEM ホームウェル 2002 Vol.1(PR誌)
abitare BRUTUS 2001年12月15日号(BRUTUS不動産)
 
 

展示

「モダンデザインの木の家」展
場所: 木童東京ショールーム
期間: 2012年8月7日(火)〜 8月25日(土)
出展作品: 世田谷HN邸、逗子KD邸、本庄SB邸、日野MS邸、池上FJ邸、平塚MM邸、富士見UC邸、杉並BR邸、綱島FS邸
 
「モダンデザインの木の家」展
場所: 木童東京ショールーム
期間: 2010年7月5日(月)〜 7月29日(木)
出展作品: 世田谷HN邸、逗子KD邸、秦野SW邸、日野MS邸など
 
理由(わけ)あって美しい家展
場所: TEPCO銀座舘
期間: 2008年10月4日(土)〜 10月5日(日)
出展作品: 自然エネルギーの“自然な”活用を図るルーバーハウス
 
植本計画デザイン「ミニ展」
場所: 木童東京ショールーム
期間: 2006年8月21日(月)〜 8月31日(木)
出展作品: UC-HOUSE(富士見の家)、M邸リフォーム、Y-HOUSE、TG-HOUSE、FS-HOUSE、NG-HOUSE(進行中プロジェクト)、木童東京ショールーム
 
OZONEハウジング・コンシェルジェ2005〜建築家とつくる住まい〜
場所: リビングデザインセンターOZONE 6F
期間: 2005年9月1日(木)〜 2006年2月14日(火)
出展作品: 木の骨組みが林立する“森の家”(UC-HOUSE)
 
植本計画デザイン作品展
場所: 木童東京ショールーム
期間: 2005年7月11日(月)〜 8月7日(日)
出展作品: M-HOUSE、Y-HOUSE、KN-HOUSE、UC-HOUSE、TG-HOUSE、FS-HOUSE、K邸子供室改装、木童東京ショールーム
 
YKK 10人展
場所: YKK AP OZONEショールーム
期間(パネル展示): 2002年10月10日〜 2003年7月29日
  (クローズアップ展示): 2002年10月10日〜 2003年1月14日
出展作品: 「距離感」を演出する中庭と窓(オリジナル作品)
 
 

業務実績

  2017年 四谷ED邸リフォーム(個人住宅)設計中
  2017年 本牧SD邸(個人住宅)設計中
  2017年 杉並MY邸リフォーム(個人住宅)建設中
  2017年 鳥栖KJ邸(個人住宅設計)
  2016年 青葉台KN邸リフォーム(個人住宅)
  2016年 川崎SG邸リフォーム(個人住宅)
  2016年 ふじみ野MK邸リフォーム第二期(個人住宅)
  2015年 Kの家(企画住宅プロジェクト)
  2015年 川崎MS邸リフォーム(個人住宅)
  2015年 中野AG邸(個人住宅)
  2015年 新座SU邸(個人住宅)
  2015年 世田谷YS邸(個人住宅)
  2015年 狭山NM邸(個人住宅)
  2014年 川崎MS邸(個人住宅)
  2014年 青葉台KN邸書庫増築工事(個人住宅)
  2014年 荻窪NS邸(個人住宅)
  2014年 西荻窪KS邸(個人住宅)
  2013年 横須賀KW邸(個人住宅)
  2013年 世田谷SG邸リフォーム(マンションリフォーム)
  2012年 飯田橋IS邸リフォーム(マンションリフォーム)
  2012年 神栖TM邸(個人住宅)
  2012年 葉山SD邸(個人住宅)
  2012年 幡ヶ谷HD邸(2世帯住宅+賃貸住宅)
  2012年 御徒町MK邸(個人住宅)
  2012年 妙蓮寺OH邸リフォーム(個人住宅)
  2011年 杉並MI邸リフォームーその2(個人住宅)
  2011年 伊豆大島UM邸(個人住宅)
  2011年 柏HM邸(個人住宅)
  2010年 鎌倉TK邸リフォーム(個人住宅)
  2010年 池上FJ邸(個人住宅)
  2010年 逗子KD邸(個人住宅)

  2010年

秦野SW邸(個人住宅)

  2010年

世田谷HN邸(個人住宅)

  2010年

千駄ヶ谷HB邸(個人住宅)

  2009年

日野MS邸(個人住宅)

  2009年

MTUHAUS(集合住宅)

  2009年

津田塾大学AVセンタースタジオ改修

  2008年

府中AO邸(個人住宅)

  2008年

白河IT邸(個人住宅)

  2008年

平塚MM邸(個人住宅)

  2008年

杉並BR邸(個人住宅)

  2008年

本庄SB邸(個人住宅)

  2007年

杉並GM邸リフォーム(個人住宅)

  2007年

調布KY邸リフォーム(個人住宅)

  2007年

杉並MI邸リフォーム(個人住宅)

  2007年

家族と共に成長する家(企画住宅プロジェクト)

  2007年

町田NK邸(個人住宅)

  2006年

玉川学園マルチメディア教室家具

  2006年

KG−HOUSE(企画住宅プロジェクト)

  2006年

浅草TY邸(個人住宅)

  2006年

喫茶Aリフォーム(商業施設)

  2006年

ふじみ野MK邸リフォーム(個人住宅)

  2006年

I市住宅地計画(計画案)

  2005年

岐阜OG邸(個人住宅)

  2005年

中野IR邸(個人住宅)

  2005年

港南台UN邸(個人住宅)

  2005年

綱島FS邸(個人住宅)

  2005年

木童東京ショールーム(商業施設)

  2005年

富士見UC邸(個人住宅)

  2004年

松戸TG邸(個人住宅)

  2004年

町田TN邸(個人住宅)

  2004年

葛西K邸子供室改装(マンションリフォーム)

  2003年

AZ−HOUSE(集合住宅計画)

  2003年

辻堂YM邸(個人住宅)

  2003年

調布MK邸(個人住宅)

  2003年

江東区TK邸(個人住宅)

  2002年

「距離感」を演出する中庭と窓(企画住宅プロジェクト)

  2001年

Audi Hakodateショールーム(商業施設)

  2001年

逗子KN邸(個人住宅)

  2001年

abitare(集合住宅+オーナー邸)

  1999年〜2001年

景観施策のあり方に関する調査(国土交通省)

  1998年

H−HOUSE(個人住宅計画)

  1998年

K市核施設基本計画

  1997年

Kプロジェクト(ダイビングセンター計画)

 主宰者の前職の主な担当業務(曽根幸一・環境設計研究所)

  1996年〜1998年

幕張ベイタウンセントラルパークウエスト ランドスケープ&コミュニティー施設

  1996年

千葉中央港地区街づくり計画

  1996年

下館ゴルフ倶楽部クラブハウス

  1995年

富山県総合運動公園きらめき茶屋「山」「月」

  1992〜1995年

富士重工業大宮製作所再開発構想(現ステラタウン周辺地区)

  1990〜1991年

某社JR駅前社有地再開発計画

  1990年

富山県総合運動公園全体計画及び陸上競技場

  1989年

東京臨海新交通「ゆりかもめ」基本型駅舎

  1988年

秋田県生物資源総合開発センター修景施設・造園等の基本計画

  1988年

T社千住工場跡地利用計画

  1988年

蓼科共有山フォレストヴィラ2企画構想設計

  1988年

大宮操車場跡地複合交通センター

 
 
  • お問い合わせ
  • 東京建築士のブログ
  • 建築コラム
  • facebook
  • twitter