Home > 建築のデザインコンセプト<電気設備>

住宅のデザイン&技術

電気設備

 

照明・・・実用性と演出性の使い分け

 

D8_01.jpg

 

D8_02.jpg

 照明は実用性と演出性の両面がありますが、あまりに実用に偏るのも考えもので、6畳間の真ん中にひとつだけ照明をぶら下げるというようなやり方はあまりやっていません。ベースライトはダウンライトまたは直付けのシーリングライトとし、場面によって、ブラケットライト、アッパーライト、スポットライト、間接照明などの演出照明をミックスしています。変わり種としては床が光る照明などもやりましたが、面白い照明にはどんどんチャレンジしていきたいと考えています。

  
 空間が大きい場合の照明計画は意外に難しく、光がどのように回るかが予想しにくい場合もあるので、迷ったら若干多めにつけるようにしています。住宅の場合は常にとはいきませんが、必要な場合は照度計算をおこなう場合もあります。また、住宅の場合の照明は住人が交換できる位置に設けることが原則で、階段回りや吹抜は届かないということがないようにしています。
 
 光源はLED化が急速に進んでいます。LED化のメリットはもちろん、低消費電力と長寿命です。交換のことを事実上考慮しなくてもいいので、照明計画の幅も広がります。ただ、マイナス面としては、ユニットの互換性やユニット交換出来ないタイプのものだと壊れた時に器具ごと交換せざるを得ないという問題があります。厳密なことをいうと、電磁波の害や波長に偏りがあるため、目にとって有害と言う意見もあります。 
 
 
 

スイッチ

 
D8_03.jpg

 スイッチは「ここでつけたい」と思う場所にないと不便なものです。位置は使い勝手のシミュレーションをした上で、クライアントと一緒に何回も確認するようにしています。また、夜間自動点灯スイッチ(玄関灯、門灯など)、3路スイッチ(階段・廊下まわり、寝室など)、遅れスイッチ(トイレ換気扇など)、タイマースイッチ(浴室換気扇など)、人感センサースイッチなどの便利スイッチの御要望が最近は増えています。

 
 最近はスイッチのデザインもいろいろなものがあり、お好みに応じてセレクトしています。
 
 

コンセント

 

D8_04.jpg

工夫した床コンセントの例

 現代の住宅は一昔前とは比べものにならないほどの家電に頼った生活になっています。使用する家電が決まっていればその位置にコンセントを用意するのは当然ですが、掃除機やドライヤーなどの一時使用のものがあったり、予想もしない家電が今後出てくることもあり得ますので、コンセントは多めに取るようにしています。特に、キッチン、デスク、洗面台まわりにはいろんなものが来るので、きめ細かく取るようにしています。コンセントが多いのもあまり見栄えの良いものではないですが、コードが部屋の中をのたうち回るのだけは避けたいところです。

 
 ただ、コンセントを多少増やしてもそれほどの増額にはなりませんが、やはり度が過ぎると分電盤の容量も増えますし、コストアップになります。配線があまりに多すぎると、電磁波の害が増えるという指摘もあります。家電に頼る生活もほどほどにされた方がいいかもしれません。
 
 

電話・TV・インターホン・LAN・オーディオ・セキュリティーなど

 
D8_05.jpg
 これらのものを総称して「弱電」と呼んでいますが、弱電設備は進歩が激しい上、クライアントによって要求レベルもまちまちです。何が必要かを良くヒアリングした上で必要設備や設置位置を決定していますが、将来の変更というのも考えに入れておかなくてはなりません。ジャックの位置は模様替えの可能性も考慮に入れ、配線に関してはできるかぎり配管配線(チューブの中に線を通し線だけを交換できるようにすること)とし、将来の変更に対応できるようにしています。
 
 
 

住宅のデザイン&技術 index

空間構成   各スペースの考え方   構造
空間構成   各スペースの考え方   構造
         
温熱環境と外皮   インテリア&エクステリア   水回り設備
外壁・屋根   インテリア&エクステリア   水回り設備
         
空調・床暖房設備   電気設備   性能・保証・耐久性
空調・床暖房設備   電気設備   性能基準・保証期間・耐久性
         
 
 
 
コンセプト TOPに戻る